スタッフブログ

すたっふぶろぐ

2016.8.12

【北野天満宮】本日より3日間限定で!

-国宝御本殿石の間特別通り抜け-

本日より3日間限定(8月12日~14日)にて、北野天満宮国宝御本殿石の間通り抜け神事が行われます。

北野天満宮では七夕神事を御手洗祭(みたらしさい)と称して斎行し、古来よりこの御祭は初秋にあたる北野の四季祭の一つと数え、大祓神事を意味する重儀として位置づけてきました。御手洗祭は、内陣に松風の硯・角盥・水差し・梶の葉をお供えし、古くは祭典中に角盥の上で梶の葉に水差しの水をかける儀式があり、梶の葉は詩吟の短冊代わりとされました。古事によると御手洗祭前数日に亘り、御神宝の虫干し、内陣の大掃除を行い、内陣に供わる御祭神の御装束類を清めました。前三日は一切精進潔斎、前日夕は社中一同参籠し翌日の御手洗祭に奉仕したと伝わります。
今回、古式にならい御神宝類の虫干しにあわせ、御本殿を特別公開し拝礼いただきます。

◆御手洗川足つけ燈明神事 
時 間 午前9時~午後8時
場 所 三光門西側御手洗川(受付:絵馬所)
初穂料 300円(御手洗ろうそく付き)

◆御本殿石の間通り抜け神事(御手洗足つけ燈明神事)
時 間 午後4時~午後8時
場 所 御本殿石の間(受付:絵馬所)
初穂料 1,000円(御手洗ろうそく・水みくじ付き)

*国宝御本殿石の間通り抜け神事には大勢の参拝が予想されます。お参りの際には係りの誘導にご協力ください。

画像提供:北野天満宮

戻る

閉じる

閉じる